Nature ハイライト

がん:抗腫瘍免疫療法のための新戦略

Nature 519, 7543

膠芽腫患者での小規模臨床試験で、樹状細胞ワクチンに対する免疫応答および抗腫瘍応答が、破傷風ジフテリア(Td)トキソイドを用いたワクチン接種部位の前処置によって増加したことを、J Sampsonたちが報告している。マウスでの実験でも同様の効果が見られていて、Tdでの前処置によって樹状細胞の腫瘍への遊走が増強され、その一因がサイトカインCCL3の作用であることが実証された。報告された臨床試験は小規模なものだが、これらの知見は抗がんワクチンの有効性改善につながる新たな道を開くと考えられる。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度