Nature ハイライト

微生物学:細胞の形態を決定するタンパク質の進化

Nature 519, 7543

真核細胞の際立った特徴の1つは細胞骨格と呼ばれる繊維ネットワークの存在で、これが細胞の形態を定め、細胞分裂などの過程に重要な役割を果たしている。細菌には細胞骨格がないが、真核生物のタンパク質であるチューブリンのホモログのFtsZタンパク質は存在する。FtsZは細胞分裂過程で環状構造を形成し、細胞をくびって細胞質分裂を起こさせる。チューブリンとFtsZが異なる役割を持つように進化した仕組みは分かっていなかったが、今回この答えが生命の3つの主要ドメインの1つである古細菌から得られたようだ。I Dugginたちは、古細菌のHaloferax volcanii由来のタンパク質CetZの構造と機能を調べた。CetZはチューブリンとFtsZの両方に近縁で、細胞形態の制御に関わっている。今回得られた結果は、このタンパク質ファミリーが、真核生物が進化するずっと以前から細胞形態の制御に関与していたことを示唆している。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度