Nature 特別翻訳記事

オンライン特集:東日本大震災

2011年3月、マグニチュード9.0の大地震と大津波、およびそれに伴う史上最悪の原発事故が発生した。原発事故の被災者の現状、日本政府の対応、また放射能の影響に関し、Nature が提供する最新情報をまとめた。

日本語のコンテンツ

Editorials

  • 苦悩の心中

    Troubling thoughts

    福島県の避難者に精神面の治療を長期的に施すことは、今後の災害の生存者にとっても助けとなるだろう。

    Nature 493, 271 (号)

  • おぼつかない再出発

    Shaky restart

    国民が納得する原子力政策を示すため、日本政府は福島原発事故からさらに教訓を学ぶべきである。

    Nature 491, 301-302 (号)

  • 福島第一原発事故:科学者の声を政府に

    Critical Mass

    日本政府に独立の立場から助言をする科学の声がないことは、以前から問題になっていた。現在、日本の政治的リーダーたちが、福島第一原発事故に関する明確な答えを求めて悪戦苦闘しているのも、その一例にすぎない。

    Nature 480, 291 (号)

Column

  • 福島原発事故をめぐる不透明な問題は続く

    Fukushima's uncertainty problem

    被ばくを懸念する読者の疑問に対し科学は明確な答えを与えていないと Nature の記者 Geoff Brumfiel が解説する。

    Nature (オンライン掲載)

NEWS IN FOCUS

  • 地震の脅威が原子炉を襲う

    Quake fears rise at Japan’s reactors

    断層のため原子炉を再稼動するには危険性が高すぎると原子力規制委員会委員が報告する。

    Nature 494, 14-15 (号)

  • 放射性物質はどのくらい放出された?

    Fallout forensics hike radiation toll

    福島第一原発から放出された放射性物質は、政府の見積もりよりはるかに多い可能性が。

    1. ノルウェーの研究者らが地球規模の観測データに基づいて福島第一原子力発電所事故による放射性物質の放出の規模を推定し、その結果をAtmospheric Chemistry and Physics に発表した。
    2. 今回の原発事故による放射性物質の放出量は、これまでの推定放出量よりはるかに多かった。
    3. ごく早い時点にキセノン133の大量放出が起きたことは、津波が到達する前から原子炉に問題が生じていたことを示唆している。
    4. セシウム137の総放出量は3.5×1016ベクレルだったと推定され、これは日本政府が6月に発表した推定量の2倍以上である。
    5. 3月20日に放水による冷却が始まるまで、4号機の使用済み核燃料プールは、大量の放射性物質を放出していた。日本政府と研究者らはこれまで、4号機の核燃料プールは放射性物質の放出源として重要ではなかったと主張してきた。
    6. 東京に関しては、事故当初に放出された莫大な量の放射性物質が上空を通過していったとき、雨が降らなかったおかげで、大量の放射性降下物にさらされずにすんだようだ。

    Nature 478, 435-436 (号)

Video

  • 福島のゴーストタウン

    福島のゴーストタウン(日本語字幕)

    Inside Fukushima's empty village

    福島県の原発事故から早2年が経過した。住民たちは放射能による身体的な影響からは守られているものの、精神面への影響はいまだ深刻である。Nature 記者の Geoff Brumfield が現地を訪れ、現況を取材した。

    Nature Video ()

Comment

Interview

  • 余震はいつ止むのか?

    Ask the Experts: When Will Japan's Aftershocks Stop?

    日本の地震活動をどう見ればよいか、不透明さが増している4月7日にはマグニチュード7.1の大きな余震が発生した余震はいつ止むのか、そして将来は……
    Scientific American がカリフォルニア州工科大学の地震学者ヒートンに聞いた

    Scientific American ()

News

  • 風が運び去った放射性降下物

    Much of Fukushima’s fallout was gone with the wind

    原発事故によるがんリスクの上昇は、数か所の放射線ホットスポットに集中している。

    Nature (オンライン掲載)

  • 福島:放射能の恐怖の影響

    Fukushima: Fallout of fear

    福島の原発事故後、住民は放射能による身体的な影響からは守られているものの、精神面への影響は深刻だ。

    Nature 493, 290-293 (号)

  • いまだに続く福島の放射能海洋汚染

    Ocean still suffering from Fukushima fallout

    汚染水の流出と汚染された堆積物の影響で、海洋中の放射能レベルは依然高いままだ。

    Nature (オンライン掲載)

  • 海洋生物にしのび寄る放射能汚染

    損傷した福島第一原子力発電所から海への放射性物質の流出が続いている。生態系への影響を見きわめるには、できるだけ早い時期に広い範囲で海洋調査を実施する必要があるだろう。

    Nature 472, 145-146 (号)

  • 低線量被曝の危険性に関する知識はまだ不十分

    低線量被曝が健康に及ぼす長期的危険性については、いまだにほとんどわかっていない。合理的な判断の根拠となる知識を得るには、低線量被曝に関する集団研究と発がん機構に基礎研究を組み合わせていく必要がある。

    Nature (オンライン掲載)

  • 地震対策の再考が必要

    日本の地震活日本が世界に誇る、地震予知システム、緊急地震速報、津波防波堤。だが、いずれも3月11日の東日本大震災には対応できなかった。

    Nature 471, 556-557 (号)

  • チェルノブイリの遺産

    チェルノブイリでの深刻な原子力災害から25年が経つが、汚染除去、監視作業はいまだに続き、健康への影響の研究は進んでいない。

    Nature 471, 562-565 (号)

  • 予測できない放射線リスク

    科学者たちは、福島県で発生した低線量被曝の長期的影響を予測しようと努めている。

    Nature 471, 419 (号)

  • 日本の科学に激震

    日本の研究者たちは、地震で破損した装置や寸断されたインフラと懸命に戦っている。

    Nature 471, 420 (号)

  • 予想外の場所で発生した巨大地震

    ほとんどの専門家は、日本の三陸沖の地震帯がこれほど大きな地震を引き起こすとは思っていなかった。

    Nature 471, 274 (号)

おすすめのコンテンツ

英語のコンテンツ

Video

  • 福島の1年

    福島の1年

    A year at Fukushima

    1年前、福島第一原子力発電所の3基の原子炉がメルトダウンした。Nature Videoでは、原子炉の安定化、そしてさらなる汚染の拡散を防止するために行われている懸命の作業について紹介する。

    Nature Video ()

  • 福島原発事故から半年

    Fukushima nuclear crisis, six months later

    福島第一原子力発電所の原子炉3機におけるメルトダウンを発端とした原発事故により、日本では現在も危機的状況が続いている。原子炉の安定化作業、また日本および世界中の原子力発電に危機を与えたこの事故の影響に関し、Nature Video が最新情報をお届けする。

    Nature Video ()

  • 福島第一原発事故の概要

    Fukushima's nuclear emergency

    The partial meltdown of nuclear fuel at the Fukushima nuclear power plant has created a crisis in Japan. Nature Video provides a brief summary of events at the plant, and what lies ahead for the damaged reactors.

    Nature Video (21 April 2011)

Podcast

  • 特別版:福島第一原子力発電所

    Podcast Extra: Fukushima

    Japan is struggling with a nuclear emergency following the earthquake and tsunami on 11 March. In this podcast, reporter Geoff Brumfiel brings us up-to-date on the situation at the Fukushima power plant.

    Nature Podcast ()

Editorials

  • 過去の教訓

    Lessons from the past

    低レベル放射線被爆の長期的影響について、チェルノブイリ原発事故の追跡研究から学べるものは多く、資金援助が必要だ。

    Nature 471, 547 ()

  • 復興への遠い道のり

    The long road back

    今のところ、日本の科学者にとっては、研究基盤の再建よりも優先させるべき事柄がある。しかし、実際に再建が始まるときには、海外の研究コミュニティーからの支援が必要になるだろう。

    Nature 471, 409 ()

News Blog

  • 戦いは続く

    Fukushima update: the battle continues

    国際原子力機関(IAEA)は、定例の記者会見で、福島第一原子力発電所では、過熱した燃料棒を冷却するための原子炉への水の注入が続いていると発表した。

    Nature News Blog ()

  • 原子炉の運転停止後も核の連鎖反応は続いていたのか

    Fukushima update: did nuclear chain reactions continue after shut-down?

    福島第一原子力発電所では、およそ3週間前に原子炉の運転が停止された後も、ウラン燃料とプルトニウム燃料の核分裂連鎖反応が長い間続いていたことを示す証拠が増えてきている。

    Nature News Blog ()

  • また放射線データに誤り

    Fukushima update: more radiation data errors

    福島第一原子力発電所で原子炉の冷却作業が続く中、再び「戦場の霧」がたち込めてきた。重要データの1つである地下水の放射能汚染データに疑いが投げかけられているのだ。

    Nature News Blog ()

  • 原子力発電所の周辺地域の汚染状況調査が行われる

    Fukushima update: local contamination of power plant area under scrutiny

    今夜現在、福島第一原子力発電所関連の最新情報は次の通り。国際原子力機関(IAEA)は、今日の記者会見で、全体的に見て、「非常に深刻な状況が続いている」と改めて表明した。

    Nature News Blog ()

  • 妊婦と放射線量の関係について

    Fukushima update: on pregnant women and radiation doses

    福島第一原子力発電所事故による胎児への放射線の影響を心配する妊婦が東京から逃げ出しているという報道が相次いでいる。

    Nature News Blog ()

  • 復旧作業の中断と放射線ホットスポットへの懸念

    Fukushima update: Recovery efforts stalled, as hotspot concerns grow

    避難区域の外側に放射線のホットスポットが発見されたことで懸念が高まっている。今夜、国際原子力機関(IAEA)は、福島第一原子力発電所の北西に放射線ホットスポットがあることを確認した。そこでの放射線量は、住民の避難を要するほど高いレベルだとされる。

    Nature News Blog ()

  • 広がる放射能汚染

    Radioactivity spreads in Japan

    福島第一原発事故による放射能汚染が広がり、長期化のおそれも。

    Nature News Blog ()

  • 福島原発原子炉の産物が実験用測定装置にも影響

    Fukushima reactor products could skew experiment detectors

    3月11日の大地震と大津波の後、広範囲にわたる大災害のつめ跡が徐々に明らかになってきている一方で、破損した福島第一原子力発電所では、放射能漏れに対する懸念が高まっている。ところで、この原発事故は、科学の世界で最も中心から遠く、保護されていた分野にも影響を与えている。

    Nature News Blog ()

その他の英語のNature News Blog

SPOONFUL OF MEDICINE

  • 高まる急性放射線症候群に対する薬物の必要性

    Nuclear leak reinforces need for drugs to combat radiation sometimes administer

    短時間に大量の電離放射線に被曝したことで発症する急性放射線症候群に対する薬物は、米国で対核テロ対策の1つとして複数が開発中だが、まだ市販されるにはいたっていない。津波による福島第1原発事故により、こうした薬物が緊急に必要であることがはっきりしたが、認可された後の売れ行きも問題の1つだ。

    Nature Medicine Blog ()

Nature 特別翻訳記事」一覧へ戻る

プライバシーマーク制度