Nature 特別翻訳記事

Nature には、論文以外に最新研究から科学政策などさまざまなニュースも多く掲載しています。 その中から、日本に関連する記事や、日本の皆様に興味をもってもらえるコンテンツを日本語に翻訳し掲載いたします。

掲載時期は不定期です。最新情報をいち早く入手されたい方は、ぜひ当社メールマガジン(無料)にご登録ください。

  • 幹細胞特集

    再生医療への応用に期待が高まる幹細胞。iPS細胞をはじめ、世界各国の幹細胞研究論文や治療に関するニュースなど、最新情報をお伝えする。

  • 科学出版の未来

    科学出版界は、400年近く続いたのんびりした印刷の時代を経て、クラウドコンピューティング、クラウドソーシング、ユビキタスシェアリングからなるテンポの速いインターネット時代に突入した。それに伴い、従来の出版モデルが再検討され、著者支払い型オープンアクセス出版などの新しい出版モデルが提案されている。Nature は、科学出版界で作用している力と、今後数十年の展望について考察した。

  • H5N1インフルエンザ特集

    科学者たちが哺乳類の間を伝搬可能なH5N1鳥インフルエンザウイルスを作製できるようになった。これにより、偶発的であれ、生物テロ攻撃の一部であれ、もしそのようなウイルスが実験室から外に出た場合、ヒトでのパンデミックを引き起こすかもしれないという懸念が大きくなっている。研究はどの程度公開されるべきか、そしてこのような研究には十分な監視体制があるかどうかについての議論が激化しており、ここでは、今回の議論に関するすべてのNature の報道をまとめた。

  • PhD大量生産時代

    世界では、これまでにないハイペースで博士号(PhD)が生み出されている。この勢いに歯止めをかけるべきなのだろうか。

  • Special Report:幸せな研究者、不幸せな研究者

    Nature では今年、世界各国の研究者を対象に、研究環境についての満足度調査を行った。確かに日本などは、満足度を低く見積もる国民性があり、データをそのまま受け取ることは避けたい。しかし、例えば、研究者が仕事に対して感じる満足度は給与以外の要素によっても大きく左右されるなど、全体的な傾向は各調査項目からうかがい知ることができる。

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度