Research Abstract

福島の若年層の甲状腺がんではBRAFV600E変異が高頻度である:チェルノブイリとは異なる発がんプロファイル  OPEN ブックマーク

BRAFV600E mutation is highly prevalent in thyroid carcinomas in the young population in Fukushima: a different oncogenic profile from Chernobyl

2015年11月20日 Scientific Reports 5 : 16976 doi: 10.1038/srep16976 (2015)
福島の若年層の甲状腺がんでは<i>BRAF<sup>V600E</sup></i>変異が高頻度である:チェルノブイリとは異なる発がんプロファイル
甲状腺がんの顕微鏡写真拡大する

福島第一原子力発電所での事故後、当時0-18歳だった子供たちを対象にした甲状腺の超音波検査プログラムが2011年10月に始まった。この集団における甲状腺がんの発生数は非常に多いことが判明している(296,253人あたり84症例)。この病因を明らかにするため、我々は、これらの腫瘍のドライバー変異の存在を検討した。古典的(通常型)甲状腺乳頭がん(PTC)61症例、濾胞型PTC 2症例、篩・モルラ型PTC 4症例、そして1症例の低分化甲状腺がんを解析した。その結果、43症例においてBRAFV600E(63.2%)、6症例においてRET/PTC1(8.8%)、1症例においてRET/PTC3(1.5%)、そして4症例でETV/NTRK3(5.9%)を検出した。古典的(通常型)および濾胞型のPTCでは、BRAFV600E変異を持った症例は、有意に腫瘍径が小さかった。これら遺伝子変異のパターンは、チェルノブイリ放射線誘発PTCとは全く異なっており、これらのがんが放射線誘発でないことが示唆される。これは、大規模スクリーニングで発見された甲状腺がんの発現プロファイルを明らかにした最初の研究であり、おそらくは日本の若年層における全ての散発性および潜伏性腫瘍の遺伝子変異を反映していると考えられる。BRAFV600Eは小児PTCに増殖優位性を付与しない可能性が推測され、またこれらの多くのケースで増殖が遅いことは、小児PTCにおける腫瘍の進行にはさらなる要因が重要である可能性が示唆される。

Norisato Mitsutake, Toshihiko Fukushima, Michiko Matsuse, Tatiana Rogounovitch, Vladimir Saenko, Shinya Uchino, Masahiro Ito, Keiji Suzuki, Shinichi Suzuki & Shunichi Yamashita

Corresponding Authors

光武 範吏
長崎大学 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門 放射線災害医療学研究分野

鈴木 眞一
福島県立医科大学 医学部医学科 甲状腺内分泌学講座

After the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, the thyroid ultrasound screening program for children aged 0–18 at the time of the accident was started from October 2011. The prevalence of thyroid carcinomas in that population has appeared to be very high (84 cases per 296,253). To clarify the pathogenesis, we investigated the presence of driver mutations in these tumours. 61 classic papillary thyroid carcinomas (PTCs), two follicular variant PTCs, four cribriform-morular variant PTCs and one poorly-differentiated thyroid carcinoma were analysed. We detected BRAFV600E in 43 cases (63.2%), RET/PTC1 in six (8.8%), RET/PTC3 in one (1.5%) and ETV6/NTRK3 in four (5.9%). Among classic and follicular variant PTCs, BRAFV600E was significantly associated with the smaller size. The genetic pattern was completely different from post-Chernobyl PTCs, suggesting non-radiogenic etiology of these cancers. This is the first study demonstrating the oncogene profile in the thyroid cancers discovered by large mass screening, which probably reflects genetic status of all sporadic and latent tumours in the young Japanese population. It is assumed that BRAFV600E may not confer growth advantage on paediatric PTCs, and many of these cases grow slowly, suggesting that additional factors may be important for tumour progression in paediatric PTCs.

プライバシーマーク制度