Nature ハイライト

医学研究:MSI腫瘍におけるWRNの合成致死性

Nature 568, 7753

合成致死となる相互作用は、標的化可能ながん細胞の脆弱性の発見につながる可能性がある。今回、関連した2報の論文で、マイクロサテライト不安定性(MSI;ゲノム不安定性の増加と高頻度変異を特徴とする)を示すがんにおける合成致死の脆弱性が突き止められた。A Bassたちは、細胞株データセットについてのCRISPRスクリーニングとRNA干渉スクリーニングからデータマイニングを行い、MSI腫瘍の選択的な依存性としてDNAヘリカーゼのWRNがMSI腫瘍の選択的な依存性であることを示している。また、この依存性はWRNのヘリカーゼ活性に依存するが、そのエキソヌクレアーゼ活性には依存しないことも明らかになった。一方M Garnettたちは、がん細胞株でCRISPRスクリーニングを行って、薬剤標的の候補群を見いだし、それらの優先順位を決定している。全ての種類のがんに共通する依存性とがんの種類に特異的な依存性のうち、WRNはMSIを示す細胞株における有望な標的であることが明らかになり、異種移植片で発現を抑制すると、MSI腫瘍の適応度と増殖が低下することが確認された。

2019年4月25日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度