Nature ハイライト

触媒:温和なアンモニア合成方法

Nature 568, 7753

肥料、ひいては世界の農業がアンモニアに依存している。アンモニアは現在、大気中の窒素からハーバー・ボッシュ法によって高温高圧条件下で合成されている。そのため、遷移金属錯体が温和な条件下で窒素を還元してアンモニアに変換できるという発見が、大きな関心を集めている。芦田裕也(東京大学)たちは今回、プロトン源として単純なアルコールまたは水を用いると、モリブデン錯体によってかつてない速い速度でアンモニアを合成できることを報告している。この系には化学量論量の二ヨウ化サマリウムが必要であるが、今回の知見は、次世代型の窒素固定システムを開発できる可能性があることを示している。

2019年4月25日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度