Nature ハイライト

微生物学:ヒト腸内微生物相の構成をこれまでにない分解能で明らかにする

Nature 568, 7753

ヒト腸内微生物相の構成は、健康および疾患の両方に関連付けられているが、培養や塩基配列解読の大規模な取り組み行われてきたにもかかわらず、ヒト腸内微生物相の完全な細菌のレパートリーはまだ明らかにされていない。A Almeidaたちは今回、1万1850のヒト腸のマイクロバイオームから、9万2143のメタゲノムアセンブリーによる再構築ゲノム(MAG)を得て、1952種の未培養の候補細菌を特定した。これらの未培養ゲノムは、ヒト腸内微生物相の既知の種を大幅に拡大し、系統発生学的多様性を281%増大させた。新たに特定された種は、あまり調べられていなかったアフリカや南米の集団に由来する試料の分類を200%以上改善し、数百の新しい生合成遺伝子クラスターをコードしていることが分かった。このデータは、これらのメタゲノムデータセットにおける、真核微生物やウイルスの最初の解析となった。今回の研究は未培養の腸内細菌の多様性を明らかにし、腸内微生物相の分類学的かつ機能的な解析のための、今までにない方法を提供する。

2019年4月25日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度