Nature ハイライト

心血管疾患: 腸のマイクロバイオームは脳での奇形形成を促進するブックマーク

Nature 545, 7654

脳海綿状血管腫(CCM)は主に脳で見られる血管系の奇形で、出血性脳卒中やてんかん発作の原因となることがある。CCMは、脳の内皮細胞でのMEKK3–KLF2/4シグナル伝達やRho/ROCKシグナル伝達を負に調節する複合体の構成要素の機能喪失変異から生じる。今回M Kahnたちは、脳の内皮細胞で、この経路を活性化する上流の調節因子を突き止めた。マウスでは、腸内細菌由来のリポ多糖が、内皮細胞のTLR4を活性化して CCM形成を促進し得ることが分かった。著者らはさらに、TLR4遺伝子あるいはその共受容体をコードする遺伝子のCD14の多型が、ヒトでCCM病変量の増加に関連することも見いだした。これらの知見は、腸のマイクロバイオームとTLR4がCCMの重要な促進因子であり、また治療標的候補と考えられることを明らかにしている。

Article p.305
doi: 10.1038/nature22075 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年5月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度