Nature ハイライト

構造生物学: GPCRの選択的結合の仕組みを解読ブックマーク

Nature 545, 7654

Gタンパク質共役受容体(GPCR)は、細胞質にあるGタンパク質と選択的に結合することにより、細胞外からの刺激に対する適切な応答を引き起こす。この選択的結合の分子基盤の解明は、難題であった。M Babuたちは今回、ヒトのGPCR–Gタンパク質が関わるシグナル伝達系全体について解析を行い、選択性決定因子となるアミノ酸の位置とパターンを明らかにしている。16のGαタンパク質のそれぞれに存在する選択性の「バーコード」は、受容体の進化の道筋を考慮することにより突き止められた。このバーコードが、およそ800の受容体上のさまざまな領域によって認識される。著者たちは、研究者が任意の受容体とGタンパク質について選択性決定残基を解析できるように、インタラクティブなプラットホームをオンラインで提供している。

Article p.317
doi: 10.1038/nature22070 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年5月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度