Nature ハイライト

地球科学: 地震の推進力ブックマーク

Nature 545, 7654

2011年の東北沖地震や1999年の台湾・集集地震のような大地震の多くは、逆断層帯で起きており、この2つの地震は地表に極めて近い所で最大のすべりを示していた。今回V Gabuchianたちは、地震破壊実験を提示し、地表近くでは逆断層破壊面を回転させる機構が存在することを明らかにしている。これによって逆断層の固着が緩まり、長い距離をすべるようになる。この実験の数値モデリングは、地震破壊が自由表面に近づくにつれて楔状の断層面上盤が一方向に著しく回転することを示している。この回転は、破壊が自由表面に達するやいなや解放され、断層面上盤の固着が外れて、激しく「跳ね返る」のである。

Letter p.336
doi: 10.1038/nature22045 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年5月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度