Nature ハイライト

Cover Story: 集団の制御:自律的なボットが人間の集団の共同行動の成績を向上させるブックマーク

Nature 545, 7654

共通の目標に向けた集団の共同行動は、たとえ各人の関心がそろっていたとしても、「協調」の問題に直面する。各個人に局所最適な解を得ようとする個人の試みは、集団全体にとって最適とは限らないのである。今回、N Christakisと白土寛和(米国エール大学)は、この問題を解決できる可能性のある方法を、自律的なソフトウエア(人工知能)エージェントである「ボット」という形で示している。彼らは、各ノードの色を全ての隣接ノードと異なる色にすることを全体の目標とする標準的なカラーコーディネーションゲームに取り組む人間の小規模なネットワークに、単純なボットを導入し、人間とボットからなる「混成系」を作った。ボットを使って意思決定過程にノイズを導入すると、集団の総合的な成績が向上することが分かった。ノイズのあるボットは、ネットワークの中心に置かれて中程度(10%)のランダムネスを示す場合に、最もよく機能した。こうした条件下で、ボットは、人間とボットの間の相互作用だけでなく、離れたノードでの人間同士の相互作用も改善し、人間同士が助け合うのに役立った。

News & Views p.297
doi: 10.1038/545297a | 日本語要約 | Full Text
Letter p.370
doi: 10.1038/nature22332 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年5月18日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度