Volume 599 Number 7885

Editorial

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)での成果は十分でないと感じている科学者は多いが、各国の深い隔たりを埋めるためには科学の力が不可欠だ。

COP26 didn’t solve everything — but researchers must stay engaged p.347

The climate summit’s organizers stopped researchers accessing the negotiations in Glasgow, UK. A zero-carbon world needs science and social science to bridge divides.

doi: 10.1038/d41586-021-03433-2

News

COP26で採択された「グラスゴー気候同意」では、気温上昇を産業革命前と比べて2°C以下に抑えられないとの声も。

‘COP26 hasn’t solved the problem’: scientists react to UN climate deal p.355

The Glasgow Climate Pact is a step forward, researchers say, but efforts to decarbonize are not enough to limit global temperature rises to 2 °C.

doi: 10.1038/d41586-021-03431-4

COP26では、科学者グループ「Scientist Rebellion」も抗議デモに参加し、より多くの人たちの参加の呼び掛けを。

Scientist Rebellion: researchers join protesters at COP26 p.357

Scientists are among hundreds of demonstrators at the COP26 climate conference — and want more to join them.

doi: 10.1038/d41586-021-03430-5

COVID-19の経口治療薬の臨床試験結果が現実にも当てはまるのであれば、パンデミックの今後が大きく変わる可能性が。

COVID antiviral pills: what scientists still want to know p.358

doi: 10.1038/d41586-021-03074-5

SARS-CoV-2のタンパク質ワクチンが登場間近であり、ワクチンの選択肢が増えると歓迎の声が。

How protein-based COVID vaccines could change the pandemic p.359

Jabs from Novavax and other biotech firms are coming. Scientists say they have a lot to offer.

doi: 10.1038/d41586-021-03025-0

「特集号」の出版プロセスを悪用し、ジャーナルのゲストエディターになりすましてでたらめな論文を出版した例が明るみに。

Scammers impersonate guest editors to get sham papers published p.361

Hundreds of junk-science papers have been retracted from reputable journals after fraudsters used ‘special issues’ to manipulate the publication process. And the problem is growing.

doi: 10.1038/d41586-021-03035-y

News Features

核融合エネルギーに向けた競争

The chase for fusion energy p.362

核融合発電への民間企業の参入が増えてきており、この新興産業によって、実用炉が10年以内に実現すると期待が高まっている。

doi: 10.1038/d41586-021-03401-w

News & Views

航空宇宙工学:ヨウ素を推進剤にした衛星用の低コストエンジン

Iodine powers low-cost engines for satellites p.373

固体のヨウ素は、加熱すると直接気体になる。今回、この特性を利用して、安価で小型のエンジンが作られ、小型衛星の大規模ネットワークを商業的に実現できる可能性が出てきた。

doi: 10.1038/d41586-021-03384-8

免疫学:抗腫瘍反応を制限する神経伝達物質

GABA molecules made by B cells can dampen antitumour responses p.374

今回、免疫細胞の分析によって、意外なことに、神経伝達物質として最もよく知られている分子であるGABAを、B細胞が分泌することが示された。B細胞由来のGABAは、腫瘍に対する免疫応答を調節でき、新たな治療法の可能性が高まった。

doi: 10.1038/d41586-021-02953-1

回顧:脳の空間感覚の50年

Fifty years of the brain’s sense of space p.376

1971年に、自由にナビゲーションしているラットにおいて、海馬と呼ばれる脳領域のニューロンが、特定の空間的位置に来た時に選択的に活性化することが見いだされた。この発見によって、脳が空間記憶をサポートする方法を調べる取り組みが始まった。

doi: 10.1038/d41586-021-03010-7

生理学:思春期に影響を及ぼす代謝シグナルのメディエーター

A mediator of metabolic signals influences puberty and growth p.377

今回、メラノコルチン3受容体のバリアントが思春期の遅れと成長抑制に関連付けられ、この受容体が、体の成長と性成熟に影響を及ぼす代謝状態のシグナルを統合している可能性が示唆された。

doi: 10.1038/d41586-021-02954-0

無機化学:錯体において捉えられたカリホルニウム–炭素結合

Californium—carbon bond captured in a complex p.379

カリホルニウムなどの極めて重いアクチノイド元素は、放射能が高く存在量が非常に少ないため、その研究は恐ろしく難しい。今回、カリホルニウム–炭素結合の構造の初めての特性評価に関する画期的な報告がなされた。

doi: 10.1038/d41586-021-03385-7

微生物学:百寿者の胆汁酸環境と腸内細菌

Role of bile acids and gut bacteria in healthy ageing of centenarians p.380

今回、ヒトでの研究から、細菌によって生成され、100歳以上の人々によく見られるある胆汁酸が、腸の健康を高め感染から守ることが示された。こうした知見は、健康な老化の一因に光を当てている。

doi: 10.1038/d41586-021-02196-0

Review

物性物理学:積層された2D半導体における励起子と創発的量子現象

Excitons and emergent quantum phenomena in stacked 2D semiconductors p.383

doi: 10.1038/s41586-021-03979-1

Articles

統計物理学:乱れのないシュタルク多体局在の観測

Observation of Stark many-body localization without disorder p.393

doi: 10.1038/s41586-021-03988-0

物性物理学:界面におけるフォノン分散の測定

Measuring phonon dispersion at an interface p.399

doi: 10.1038/s41586-021-03971-9

ナノスケールデバイス:二次元半導体ダイオードにおいて固有の励起子物理の極限に近づく

Approaching the intrinsic exciton physics limit in two-dimensional semiconductor diodes p.404

doi: 10.1038/s41586-021-03949-7

航空宇宙工学:ヨウ素電気推進システムの軌道上での実証

In-orbit demonstration of an iodine electric propulsion system p.411

doi: 10.1038/s41586-021-04015-y

材料科学:セラミックスの爆発的崩壊とウィーピング

Exploding and weeping ceramics p.416

doi: 10.1038/s41586-021-03975-5

無機化学:カリホルニウムメタロセンの単離と特性評価

Isolation and characterization of a californium metallocene p.421

doi: 10.1038/s41586-021-04027-8

気候科学:気候変動の下での表面温度の持続性の広範な変化

Widespread changes in surface temperature persistence under climate change p.425

doi: 10.1038/s41586-021-03943-z

進化学:心臓咽頭の解体と祖先的被嚢類の固着性

Cardiopharyngeal deconstruction and ancestral tunicate sessility p.431

doi: 10.1038/s41586-021-04041-w

生理学:MC3Rが栄養状態を小児期の成長および思春期のタイミングと結び付ける

MC3R links nutritional state to childhood growth and the timing of puberty p.436

doi: 10.1038/s41586-021-04088-9

神経科学:海馬における多重的調整とヘッブ型可塑性とナビゲーションの関連

Linking hippocampal multiplexed tuning, Hebbian plasticity and navigation p.442

doi: 10.1038/s41586-021-03989-z

神経科学:眼窩前頭皮質はナビゲーションの未来の目的地の地図を形成する

The orbitofrontal cortex maps future navigational goals p.449

doi: 10.1038/s41586-021-04042-9

神経科学:領域間皮質投射ニューロンの運命多様性の時間的制御

Temporal controls over inter-areal cortical projection neuron fate diversity p.453

doi: 10.1038/s41586-021-04048-3

微生物学:百寿者のマイクロバイオームで増加する新たな胆汁酸の生合成経路

Novel bile acid biosynthetic pathways are enriched in the microbiome of centenarians p.458

doi: 10.1038/s41586-021-03832-5

免疫学:抗SARS-CoV-2の有効性を向上させたFc改変抗体薬

Fc-engineered antibody therapeutics with improved anti-SARS-CoV-2 efficacy p.465

doi: 10.1038/s41586-021-04017-w

免疫学:B細胞由来のGABAはIL-10+マクロファージの分化を誘導して抗腫瘍免疫を制限する

B cell-derived GABA elicits IL-10+ macrophages to limit anti-tumour immunity p.471

doi: 10.1038/s41586-021-04082-1

がん:ペプチドを中心としたCARによる細胞内がんタンパク質の交差HLA標的化

Cross-HLA targeting of intracellular oncoproteins with peptide-centric CARs p.477

doi: 10.1038/s41586-021-04061-6

がん:食餌由来のパルミチン酸はシュワン細胞を介して転移促進性の記憶を促進する

Dietary palmitic acid promotes a prometastatic memory via Schwann cells p.485

doi: 10.1038/s41586-021-04075-0

細胞生物学:AKIRIN2は脊椎動物のプロテアソームの核内輸送を制御する

AKIRIN2 controls the nuclear import of proteasomes in vertebrates p.491

doi: 10.1038/s41586-021-04035-8

分子生物学:V型CRISPRトランスポゾン系による標的部位の選択とリモデリング

Target site selection and remodelling by type V CRISPR-transposon systems p.497

doi: 10.1038/s41586-021-04030-z

生物物理学:生体分子凝縮体の核生成の全体像

Nucleation landscape of biomolecular condensates p.503

doi: 10.1038/s41586-021-03905-5

構造生物学:細菌の多剤耐性を克服する合成抗生物質クラス

A synthetic antibiotic class overcoming bacterial multidrug resistance p.507

doi: 10.1038/s41586-021-04045-6

構造生物学:未変性のグリシン受容体の構造と集合の仕組み

Architecture and assembly mechanism of native glycine receptors p.513

doi: 10.1038/s41586-021-04022-z

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度