目次

Editorials

製薬企業は、製品の汚染問題に対処するため、正直に情報を提供すべきだ。

p.389

doi: 10.1038/472389b

国際原子力機関(IAEA)の権限を強化し、原子力問題の公明な安全性評価を独自に行えるようにすべきだ。

p.389

doi: 10.1038/472389a

熱帯雨林の保護計画では、先住民族の権利を尊重する必要がある

p.390

doi: 10.1038/472390a

News

福島第一原発事故を契機に、国際原子力機関の改革を求める声が。

p.397

doi: 10.1038/472397a

米国政府の炭素隔離計画FutureGenに対し、CO2漏出の恐れがあるとの指摘が。

p.398

doi: 10.1038/472398a

世界の人口分析から、事故発生時に危険にさらされる周辺住民数の多い原発が明らかに。

p.400

doi: 10.1038/472400a

NASAの緊縮予算の折り、宇宙起源を探る研究者と太陽系外惑星の探索する研究者に協同の動きが。

Astronomers mull merger of missions p.402

doi: 10.1038/472402a

カリフォルニア再生医学研究所が、iPS細胞バンクの設立を検討。

California ponders cell-banking venture p.403

doi: 10.1038/472403a

Feature

古代のDNA:ファラオの呪い 次世代シーケンシング技術によって、エジプトのミイラのDNA解析における信頼性について、論争に終止符が打たれるかもしれない。

p.404

doi: 10.1038/472404a

News & Views

地球科学:岩石圏の今

p.420

コロラド高原域の地震波画像から、グランドキャニオン地域の下でマントルの「滴下」が起こっていることが明らかになった。この表面下の過程は、今まで謎とされていた高原の隆起の原因なのかもしれない。

doi: 10.1038/472420a

免疫学:自己免疫にさしのべられるヘルパーの手

p.421

免疫系のTH17ヘルパーT細胞は、暗黒面も持っている。つまり、この細胞は自己免疫疾患にかかわっているのだ。このT細胞の分化を防止し活性を抑制する2つの薬剤は、治療に役立ちそうだ。

doi: 10.1038/472421a

材料科学:色素なしで色をつける

p.423

着色されたポリマー薄膜を、色素を使わずに作り出すのは不可能なようにみえるかもしれない。だが、小型のポリマー球と新規な組み立て過程により、この離れ業が広い面積の薄膜で実現された。

doi: 10.1038/472423a

動物行動:大型の協力だゾウ!

Large-scale cooperation p.424

動物が共同作業についてどういうことを理解しているのかを調べれば、協力の進化について解明が進むと考えられる。アジアゾウについての研究によって、この問題についての新しい資料が増えることになった。

doi: 10.1038/472424a

材料化学:喝采にこたえるポリマーネットワーク

p.425

伸縮性のある材料でできた薄膜の形態と表面に見られるパターンは、紫外線照射により調整可能であることが新しい研究で報告されている。こうして得られるトポロジーは、照射パターンと加えられた応力、およびそのサンプルの厚みに依存して決まる。

doi: 10.1038/472425a

天文学:最初の星に関する新たな解釈

p.426

最初の星の形成は、宇宙の歴史におけるきわめて重要な出来事だが、こうした星の性質の解明は天文学研究で未開拓の分野ある。データの解析から、このような星が高速回転している天体であったことが示された。

doi: 10.1038/472426a

神経科学:眠たがるニューロン?

p.427

ラットを使った実験で、脳を強制的に覚醒状態にしておくと、個々のニューロンが居眠りをすることが示され、睡眠の基本的単位が単一の皮質ニューロンの電気活動であることが示唆された。

doi: 10.1038/472427a

Articles

医学:Shank3変異マウスは自閉症様行動と線条体機能障害を示す

Shank3 mutant mice display autistic-like behaviours and striatal dysfunction p.437

doi: 10.1038/nature09965

生理:覚醒状態のラットに見られる局所的睡眠

Local sleep in awake rats p.443

doi: 10.1038/nature10009

構造生物学:クロマチンリモデリング因子ISW1aの構造と作用機構

Structure and mechanism of the chromatin remodelling factor ISW1a p.448

doi: 10.1038/nature09947

Letters

宇宙:銀河バルジで高速回転する大質量星に刻まれた記録

Imprints of fast-rotating massive stars in the Galactic Bulge p.454

doi: 10.1038/nature10000

物性:La2−xSrxCuO4における対の量子抵抗での超伝導体–絶縁体転移

Superconductor–insulator transition in La2−xSrxCuO4 at the pair quantum resistance p.458

doi: 10.1038/nature09998

地球:コロラド高原の持続的な隆起は薄層に裂けて対流するリソスフェア下降流による

Continuing Colorado plateau uplift by delamination-style convective lithospheric downwelling p.461

doi: 10.1038/nature10001

脳:成体海馬ニューロン新生の増加だけでパターン弁別能の向上に十分である

Increasing adult hippocampal neurogenesis is sufficient to improve pattern separation p.466

doi: 10.1038/nature09817

免疫:「貪食シナプス」形成の際の自然免疫受容体デクチン1の活性化

Activation of the innate immune receptor Dectin-1 upon formation of a ‘phagocytic synapse’ p.471

doi: 10.1038/nature10071

細胞:TLRシグナル伝達はミトコンドリアのROSを介してマクロファージの殺菌作用を増強する

TLR signalling augments macrophage bactericidal activity through mitochondrial ROS p.476

doi: 10.1038/nature09973

生理:広範な遺伝子産物がI型インターフェロンの抗ウイルス性反応のエフェクターとなる

A diverse range of gene products are effectors of the type I interferon antiviral response p.481

doi: 10.1038/nature09907

免疫:ジゴキシンとその誘導体はRORγt活性に拮抗することによりTH17細胞分化を抑制する

Digoxin and its derivatives suppress TH17 cell differentiation by antagonizing RORγt activity p.486

doi: 10.1038/nature09978

細胞:合成RORリガンドによるTH17分化および自己免疫の抑制

Suppression of TH17 differentiation and autoimmunity by a synthetic ROR ligand p.491

doi: 10.1038/nature10075

遺伝:マイクロRNA によるHLA-C発現調節の違いとHIV制御との関連

Differential microRNA regulation of HLA-C expression and its association with HIV control p.495

doi: 10.1038/nature09914

細胞:生体分子の持続的定向進化システム

A system for the continuous directed evolution of biomolecules p.499

doi: 10.1038/nature09929

Review Article

気候:海洋循環と気候におけるアガラスシステムの役割

On the role of the Agulhas system in ocean circulation and climate p.429

doi: 10.1038/nature09983

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度