Nature ハイライト

分子神経科学:プロトカドヘリンを介したニューロンの自己認識機構

Nature 569, 7755

発生中のニューロンは、自己とシナプスを形成してはならない。これは脊椎動物ではプロトカドヘリンを介して起こる識別過程であるが、自己と非自己の認識を確実にする分子機構については、まだ明らかになっていない。L Shapiroたちは今回、X線結晶学とクライオ(極低温)電子断層撮影法により、一次元的なジッパー様の格子構造を明らかにしている。この構造は、単一アイソフォームのプロトカドヘリンの自己を認識する全長エクトドメイン間でシスとトランスの相互作用が交互に連なって形成される。このような線形の集合体は、プロトカドヘリンを介した自己対非自己のニューロン識別のアイソフォームミスマッチ鎖停止モデルで予測されていたものである。

2019年5月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度