Nature ハイライト

神経科学:熱産生脂肪組織の神経支配機構

Nature 569, 7755

熱産生脂肪組織の交感神経による支配は、白色脂肪組織に対するものよりも高次であり、それはβアドレナリン作動性シグナル伝達が、ベージュ脂肪細胞や褐色脂肪細胞による熱産生を誘発するためである。しかし、熱産生脂肪へのこのより高次の交感神経入力を駆動する分子機構については解明されていない。X Zengたちは今回、マウスで機能獲得・喪失研究を行い、これまでに知られていなかった、哺乳類特異的な小胞体膜タンパク質であるカルシンテニン3βが、S100b(シグナルペプチドを持たない珍しい細胞外タンパク質)の発現と非カノニカルな分泌を亢進することで、褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞の両方の交感神経支配を促進することを明らかにしている。分泌されたS100bは、神経栄養因子として働いて、交感神経の軸索伸長を誘発する。

2019年5月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度