Nature ハイライト

分子生物学:液–液相分離の制御因子

Nature 569, 7755

最近の研究では、相互作用するタンパク質や反応物を細胞内で区分けしたり濃縮したりする機構として、液–液相分離が果たす役割が注目されている。C Deanたちは今回、シロイヌナズナ(Arabidopsis)では、FLL2タンパク質が、mRNAプロセシング因子FCAの相分離の挙動を正に調節していることを明らかにしている。このようなFCAの液滴は、FCAによる春化因子PLCに対する3′ポリアデニル化活性を増強する環境を作り出している。

2019年5月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度