Nature ハイライト

肥満:農村部と都市部での肥満の比較

Nature 569, 7755

ボディーマス指数(BMI)は多くの国で、都市に住む人口の割合の変化とともに上昇してきた。こうした状況によって、都市の生活様式が肥満の世界的な増加の主要な駆動要因であるという見方が生じた。M Ezzatiたちは今回、世界各地の1億人を超す成人のBMIに関して、居住地を農村部と都市部とに分けた1985~2017年のデータでその傾向を分析している。その結果、支配的なパラダイムとは対照的に、BMI平均値の世界的な上昇の大部分は、特に一部の低所得地域および中所得地域では、農村地域集団のBMI上昇に起因しており、農村部のBMI上昇速度は都市部の住民のものと同等またはそれ以上であることが分かった。著者たちは、貧しい国々の農村部では、低栄養という不利な状況を、より一般的な栄養不良というまた別の不利な状況で置き換えてしまわないよう、栄養およびインフラストラクチャーの不均衡に対してさらに注意を払うことが必要だと述べている。

2019年5月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度