Nature ハイライト

がん:急性骨髄性白血病治療に有望な基盤

Nature 562, 7728

著者たちは今回、Beat AMLプログラムの急性骨髄性白血病患者562人に関するデータセットの包括的な特性評価の結果を報告している。RNA塩基配列解読と全エキソーム塩基配列解読の解析および薬剤感受性の解析から、変異の組み合わせと治療応答性との間の新たな関連性を突き止められることが示された。この機能的および臨床的に注釈付けされたデータセットにより、疾患機序や治療法のさらなる詳細な研究が可能になるだろう。

2018年10月25日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度