Nature ハイライト

天文学: ハッブル定数は5年間以内に精度よく決まる

Nature 562, 7728

ハッブル定数について、超新星から決定された現在の値は、宇宙マイクロ波背景放射から決定された値とは異なっている。2つの中性子星の合体からは、電磁気学的な対応天体が検出され、そのホスト銀河が特定されさえすれば、これら2つの方法のいずれかに伴う系統性とは独立に、ハッブル定数を決定する方法が得られる。今回H Chenたちは、LIGO–Virgoコラボレ-ションが、ハッブル定数を2%の精度で決定するのに十分な数の中性子星の合体例とその対応天体を、5年以内に発見すると予測している。

Letter p.545
doi: 10.1038/s41586-018-0606-0 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年10月25日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度