Nature ハイライト

太陽物理学: 長期間にわたる太陽ニュートリノの詳細な観測

Nature 562, 7728

太陽やそれより低質量の星は、そのエネルギーの大部分を陽子–陽子(pp)核融合チェインから得ている。ニュートリノは、pp過程や、陽子–電子–陽子(pep)という3体間の反応過程で放出される他、2次的な反応の分岐であるpp-II過程とpp-III過程でもそれぞれ7Beニュートリノと8Bニュートリノが放出される。Borexino実験の液体シンチレーターは2007年から太陽ニュートリノを検出し続けており、今回Borexinoコラボレーションは、完全なppチェインを初めて同時分光測定したことを報告している。著者たちは、ppニュートリノ、7Beニュートリノ、pepニュートリノの相互作用率を高精度で測定し、太陽の温度プロファイルが、表面の高い重元素率を仮定した太陽モデルと整合することを示唆する証拠を提示した。こうした結果は、太陽物理学だけでなくニュートリノ物理学にも重要になると思われる。

News & Views p.496
doi: 10.1038/d41586-018-07099-1 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.505
doi: 10.1038/s41586-018-0624-y | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年10月25日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度