Nature ハイライト

量子物理学: 決定論的な量子エンタングルメント

Nature 558, 7709

コンピューターネットワーク上での情報共有はよく知られたタスクであるが、そうした原理を量子計算にどのように適用できるかはよく分かっていない。量子ネットワークのノード間におけるダイレクト量子チャネルの確立は、分散量子計算に必要な主要要素の1つである。今回P Kurpiersたちは、異なるチップ上に作製し1 m離して配置した2つの超伝導量子ビット(キュービット)の間で、情報のキュービットを決定論的にエンタングルし転送できることを示している。そうした量子通信プロトコルを用いれば、量子ネットワークのさまざまなノードに分散した量子計算を実行できる可能性がある。

News & Views p.192
doi: 10.1038/d41586-018-05336-1 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.264
doi: 10.1038/s41586-018-0195-y | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月14日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度