Nature ハイライト

構造生物学: LRRC8Aの構造

Nature 558, 7709

容積感受性陰イオンチャネル(VRAC)は、浸透圧膨張に対する細胞応答の重要な要素である。このようなチャネルはLRRC8(leucine-rich repeat-containing protein 8)A、およびそれと近縁の小孔形成サブユニットから構成され、これらがヘテロマーチャネルを形成していることが最近明らかにされた。今回、R Dutzlerたちは、チャネルに不可欠のLRRC8Aサブユニットから形成されるVRACの構造を、X線結晶学の手法とクライオ(極低温)電子顕微鏡法を使って明らかにした。6個のサブユニットが作る細胞質側ドメインは、膜貫通部分に見られる対称性を破る構造となっていて、3個の二量体が三量体を形成している。今回の研究によって、小型の細胞外ドメインは陰イオンを選択的に透過させるのに重要な選択性フィルターであることが明らかになった。多様なVRACアイソフォームの構造やその機能が果たす役割を明らかにするにはさらなる研究が必要だが、ヘテロマーの1つのLRRC8A/Cのすでに得られている低分解能構造から、その配置が今回のホモ六量体と似ていることが予想される。

Article p.254
doi: 10.1038/s41586-018-0134-y | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月14日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度