Nature ハイライト

微生物生態学: ヨーロッパの外生菌根菌多様性の駆動要因を明らかにする

Nature 558, 7709

S van der Lindeたちは今回、ヨーロッパ20か国のさまざまな環境勾配にある137区画の森林データを用いて、外生菌根菌の多様性と分布を支配している要因を調べた。その結果、宿主である高木の特性や、土壌のpHや窒素負荷といった環境要因によって、外生菌根の多様性の差異の大半を説明できることが分かった。この知見は、地球環境の変化がこれらの群集に及ぼす影響を評価する際の基準になる。

Article p.243
doi: 10.1038/s41586-018-0189-9 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年6月14日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度