Nature ハイライト

免疫学: 腸内の病原性片利共生生物に対して寛容が生じる機構

Nature 554, 7692

よく見られる腸内片利共生細菌に対して、感受性でない宿主の場合には寛容がうまく成立するのだが、感受性の宿主では細菌の一部が大腸の慢性炎症、つまり大腸炎を自然発症させることがある。だが、こうした違いが生じる理由は分かっていなかった。今回、マウスではヘリコバクター属(Helicobacter)特異的な炎症性17型ヘルパーT(TH17)細胞を選択的に「再教育」して炎症を防ぐのは、ヘリコバクター属特異的な制御性T(Treg)細胞であり、このT細胞の生成には転写因子c-MAFが必要であることが示された。c-MAF、もしくはc-MAF誘導性サイトカインのIL-10が存在しないと、細菌特異的なTreg細胞とTH17細胞の間のバランスが崩れ、マウスは病原性共生生物依存性の炎症性腸疾患を発症する。著者たちは、病原性共生生物の抗原を発現して非病原性のTreg細胞を誘導するようにした微生物を遺伝子操作によって作り出せば、炎症性腸疾患の患者で恒常状態を再確立するための治療手段となり、疾患を軽減できるのではないかと考えている。

Letter p.373
doi: 10.1038/nature25500 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年2月15日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度