Nature ハイライト

幹細胞: 繊維芽細胞のスプライシング因子

Nature 551, 7678

L Qianたちは今回、単一細胞のRNA塩基配列解読法を用い、繊維芽細胞から心筋細胞への再プログラム化の基盤となる機構の解明を試みた。そして、再プログラム化に不可欠な大規模な発現変化を引き起こす開始段階で、mRNAのプロセシングとスプライシングに関係する因子、中でもスプライシング因子Ptbp1の発現が低下していることを発見した。繊維芽細胞が心臓特異的なスプライシングパターンをとるには、Ptbp1の発現低下が不可欠である。またこの方法によって、再プログラム化の間に誘導心筋細胞の濃縮を可能にする細胞表面マーカーも特定できた。

Letter p.100
doi: 10.1038/nature24454 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月2日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度