Nature ハイライト

構造生物学: フィコビリソームに光を当てる

Nature 551, 7678

集光性複合体の中で最大のものは、フィコビリソームと呼ばれる16.8メガダルトンの超複合体である。S Suiたちは今回、紅藻の一種Griffithsia pacificaから得られたこの半球形の複合体の構造を単粒子クライオ(極低温)電子顕微鏡法を用いて解き、タンパク質成分860個と、分子を発色させる構造単位である発色団2048個を可視化した。この構造学的成果によって、変化する光条件にこの複合体が適応する仕組みや、エネルギー移動が起こる仕組みが解明された。

Article p.57
doi: 10.1038/nature24278 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月2日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度