Nature ハイライト

寄生虫学: 寄生性マラリア原虫における有性生殖への拘束

Nature 551, 7678

寄生性マラリア原虫が蚊媒介性の伝播を行うためには、マラリア原虫の無性生殖型の集団の一部が分化して配偶子母細胞と呼ばれる有性生殖段階になる必要がある。この過程は転写調節因子AP2-Gによって制御されるが、これに関与する機構はほとんど解明されていない。今回B Kafsackたちは、真核生物病原体で初めて単一細胞RNA塩基配列解読を行い、AP2-Gによって誘導される転写変化を調べ、これに関わっている他のAP2転写因子群、ヒストン修飾酵素群、ヌクレオソームポジショニングの調節因子群を明らかにしている。これらの知見は、この重要な病原体における配偶子母細胞発生の機構的基盤の解明を目的としたさらなる研究の基礎となる。

Letter p.95
doi: 10.1038/nature24280 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月2日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度