Nature ハイライト

天文学: 中性子星の衝突から得られたハッブル定数

Nature 551, 7678

ブラックホールの合体や中性子星の合体による重力波の特徴から、合体イベントまでの距離が求められる。対応天体が観測され、ハッブルフローに起因する後退速度が分かれば、従来の「距離はしご」に全く頼らずにハッブル定数の測定が可能になる。2017年8月17日の重力波イベント(GW170817)は、2つの中性子星の合体によるものであり、付随した「キロノバ」が観測された。D HolzとLIGO–Virgoコラボレーションは今回、対応天体の探索に関わる天文学者グループとともに、前述の方法で計算されるハッブル定数を約70 km s−1 Mpc−1と決定した。この値は、他の測定結果と一致しているが、それらとは独立に得られたものである。

Letter p.85
doi: 10.1038/nature24471 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月2日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度