Nature ハイライト

発生生物学: 胚発生中の母性mRNAの除去

Nature 542, 7642

母親に由来するメッセンジャーRNA(mRNA)は、初期胚の発生で使われ、その後、胚の転写が開始するとこれらの母性mRNAは分解される。しかし、これがどのように制御されているのかは明らかになっていなかった。今回C Heたちは、ゼブラフィッシュの母性mRNAが特異的なN6-メチルアデノシン(m6A)修飾を受けており、この修飾によってm6A結合タンパク質Ythdf2が母性mRNAを認識して標的化することを見いだしている。この作用が母性mRNAの分解を引き起こすことで、胚発生プログラムへとうまく引き継がれるのである。

Letter p.475
doi: 10.1038/nature21355 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年2月23日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度