Nature ハイライト

遺伝学: 発達障害におけるde novo変異ブックマーク

Nature 542, 7642

今回、発達障害解読(DDD)プロジェクトのM HurlesとJ McRaeたちは、診断未確定の重度の発達障害患者のいる4293家族について、エキソームの塩基配列を解読した結果について報告している。解析の結果、94の遺伝子に有害なde novo変異が多く存在することが分かり、これらの遺伝子の発達障害との関連が示された。今回のコホートの42%がコード配列に病原性のde novo変異を持ち、タンパク質の機能が破壊されたり、変化したりしていた。

Article p.433
doi: 10.1038/nature21062 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年2月23日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度