Nature ハイライト

発生生物学: 単一細胞レベルで細胞系譜をたどる

Nature 541, 7635

到達が容易でない組織について、細胞分裂の履歴や細胞系譜の関連性を明らかにすることは難しい。DNAバーコード手法を使えば、この情報を得ることはできるが、空間的データは得られない。今回、L CaiとM Elowitzのチームは、共同研究により、CRISPR/Cas9による変異誘発と、多重の単一分子RNA蛍光ハイブリダイゼーション(smFISH)を利用した新たなツール(MEMOIRと命名)を開発し、これを用いてマウスの胚性幹細胞の分裂を追跡した。MEMOIRを用いることで、in situで単一細胞レベルの細胞系譜情報を得ることができ、同時に遺伝子発現状態の変化を観察することも可能になる。

Letter p.107
doi: 10.1038/nature20777 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.38
doi: 10.1038/nature21101 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年1月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度