Nature ハイライト

肥満: 体脂肪と糖尿病リスクブックマーク

Nature 541, 7635

肥満は2型糖尿病や関連する代謝疾患の主要なリスク因子である。遺伝子関連研究により肥満に関連するゲノムの座位が明らかにされており、また、最近の研究でもDNAメチル化との関連が示唆されている。今回、ボディーマス指数(BMI)に関してエピゲノム全体にわたる関連研究が行われ、血液および脂肪組織では187の座位でDNAメチル化との関連が明らかになった。また、これらのメチル化の変化は肥満の結果として生じ、従来のリスク因子とは無関係に2型糖尿病発症のリスクの増大にも関連していることが分かった。

Letter p.81
doi: 10.1038/nature20784 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年1月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度