Nature ハイライト

老化: スプライシング因子1の過剰発現は寿命を延長させる

Nature 541, 7635

タンパク質恒常性の破綻や転写のエラー率の上昇は、さまざまな慢性疾患の重要なリスク因子であり、老化と関係している。W Mairたちは今回、mRNA前駆体のスプライシングの恒常性が線虫の一種Caenorhabditis elegansの平均余命のバイオマーカーかつ予測因子であり、老化に伴う広範なmRNA前駆体スプライシングの異常が、食餌制限によってスプライシング因子1(SFA-1)を介して緩和されることを示した。食餌制限による寿命の延長と、TORC1経路の構成因子の調節による寿命の延長に、SFA-1は特異的に必要である。SFA-1の過剰発現は寿命の延長に十分であった。この研究成果は、スプライソソームの特定の構成因子を調節することで、健康な老化を促進し得ることを示唆している。

Letter p.102
doi: 10.1038/nature20789 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年1月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度