Nature ハイライト

神経変性: XRCC1変異と結び付けられた小脳性運動失調症ブックマーク

Nature 541, 7635

今回、DNA一本鎖切断修復に関わる足場タンパク質であるヒトXRCC1の変異型が、眼球運動失行症、軸索性ニューロパチー、進行性の小脳性運動失調症と関連することが示されている。XRCC1変異を持つ患者に由来する細胞では、切断修復の速度が低下し、一本鎖切断を感知するタンパク質であるPARP1が過剰に活性化しており、その結果、細胞のADPリボースレベルが異常に高くなっていた。Xrcc1欠損マウスでParp1を遺伝学的に欠失させると、過剰なADPリボースの蓄積が抑制され、小脳ニューロンの喪失や小脳性運動失調症が救済された。以上の知見は、PARP1がDNA鎖切断修復の不全によって生じる疾患の治療標的となり得ることを示すものである。

Letter p.87
doi: 10.1038/nature20790 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.34
doi: 10.1038/nature21107 | 日本語要約 | Full Text

2017年1月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度