Nature ハイライト

細胞生物学:APC/Cによるユビキチン化の機構

Nature 522, 7557

後期促進複合体(APC/C)について、コアクチベーターCdh1、抑制因子Emi1(early mitotic inhibitor 1)、あるいはユビキチンと連結したE2酵素UbcH10と結合した状態の原子構造が報告された。APC/Cは多数のサブユニットからなるE3ユビキチンリガーゼで、染色体の分離とそれに続いて起こる有糸細胞分裂の終了を制御している。3.6 Åと4.1 Åという高い分解能が達成されたことで、全てのAPC/Cサブユニットの構成と集合体内部でのサブユニット間相互作用、触媒モジュールの位置が明らかにされた。これらの構造から、Emi1が、UbcH10だけでなく、他のE2酵素のUbe2Sの阻害を引き起こす仕組みも説明される。得られた知見の中には、APC/CとコアクチベーターCdh1との結合が、Cdh1のリン酸化によって拮抗阻害を受ける仕組みについての手掛かりも含まれている。

2015年6月25日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度