Nature ハイライト

量子物理学: もう1つの種類の電子雑音

Nature 562, 7726

電子雑音は、測定において目的の信号を隠したり、電子デバイスの性能を制限したりすることがあるため、通常は望ましくない。電子雑音には有限温度で生じる熱雑音と電圧が生成する電子ショット雑音という、2種類が存在する。今回O Talたちは、水素分子に基づく分子接合を調べて、ナノメートルスケールの導体を横切る温度勾配によって生じるもう1つの基本電子雑音「デルタT雑音」を報告している。このデルタT雑音は、熱起源や分配起源などの点で熱雑音やショット雑音と似ているところもあるが、明らかに異なる性質もある。今回の結果から、温度差を原子スケールまで調べることができるようになる可能性があり、熱の管理、ポンピング、散逸に役立つと思われる。

News & Views p.200
doi: 10.1038/d41586-018-06932-x | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.240
doi: 10.1038/s41586-018-0592-2 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年10月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度