Nature ハイライト

発生生物学:in vitroでのHoxの共線性

Nature 562, 7726

哺乳類の胚では、子宮での着床後すぐに体軸が決定される。この過程は、複数の転写因子の協調した作用によって指示される。しかし、こうした初期発生段階の胚を入手するのが難しいため、これらの因子が協調して体軸の決定を時間的・空間的に調節する仕組みを解明するのは難しかった。D Dubouleたちは今回、in vitroでマウスの胚性幹細胞の小さな凝集塊を誘導して、特徴的な胚の伸長と時間的空間的に共線的なHox遺伝子の発現が再現できることを明らかにしている。これは、初期の胚発生の研究に使える補完的なin vitro系となる。

2018年10月11日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度