Nature ハイライト

構造生物学: NPY受容体の構造

Nature 556, 7702

神経ペプチドY(NPY)受容体はGタンパク質共役受容体(GPCR)ファミリーの1つであり、中枢神経系と末梢神経系で多様な生理過程に関わっている。GPCRファミリーとしては珍しいことに、NPY受容体には内在性ペプチドリガンドが3種類あり、それらは4種類の受容体サブタイプに結合する。リガンドの1つであるNPYは非常に大量に存在するペプチド性神経伝達物質で、摂食と食欲を亢進させ、エネルギー貯蔵を促進する。今回B Wuたちは、2種類の異なるアンタゴニストと複合体を形成した神経ペプチドY1受容体の結晶構造を報告している。さらに、NMR、ドッキング実験や生化学データに基づいて、内在性アゴニストであるNPYなどの他のリガンドとの結合モデルも提案された。

Letter p.520
doi: 10.1038/s41586-018-0046-x | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年4月26日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度