Nature ハイライト

がん: 融合遺伝子が腫瘍の代謝を促進する

Nature 553, 7687

FGFR3-TACC3遺伝子融合は発がん性を持ち、多くの種類のがんで見つかっているが、これが腫瘍の増殖を促進する仕組みは分かっていない。A Iavaroneたちは今回、この融合タンパク質がミトコンドリアの代謝を活性化することを明らかにしている。これによってタンパク質合成が促進され、腫瘍の増殖が亢進する。著者たちは、ミトコンドリア呼吸に対するこのような依存性が、FGFR3-TACC3融合遺伝子を持つ腫瘍の治療に新たな道を開くかもしれないと述べている。

Letter p.222
doi: 10.1038/nature25171 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度