Nature ハイライト

幹細胞: アセトアルデヒドが幹細胞のDNA損傷を引き起こす

Nature 553, 7687

造血幹細胞(HSC)の内因性DNA損傷が正しく修復されないと、悪性腫瘍につながることがある。K Patelたちは以前、ファンコニ貧血遺伝子群に変異を持つ個体は、アルコール代謝産物のアセトアルデヒドによって引き起こされるDNA損傷を修正できないことを報告している。今回彼らは、アセトアルデヒドによって誘導されるDNAの喪失や再構成の全体像を理解するために、単一HSCの移植に続いて全ゲノム塩基配列解読を行った。その結果、p53を欠失させるとHSCの生存を救済できるが、ゲノム安定性は回復しないことが分かった。このデータから、アセトアルデヒド依存的な損傷からHSCゲノムを保護する際に、p53経路とDNA修復経路がどのように関与するかが明らかになった。

Article p.171
doi: 10.1038/nature25154 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度