Nature ハイライト

構造生物学: カルシウムチャネルのこれまで知られていなかったゲート開口方式

Nature 553, 7687

カルシウム(Ca)は生物学的に重要なシグナル伝達分子であり、その調節はヒトの生理学的性質で中心的な役割を担っている。TRPV6(transient receptor potential vanilloid subfamily member 6)チャネルは構成的に活性化されていて、Ca選択性が高く、上皮組織でのCa2+取り込みを仲介していて、その発現は複数のがんと関係がある。しかし、その構成的な活性化とイオン透過の構造基盤は明らかにされていなかった。今回A Sobolevskyたちは、クライオ(極低温)電子顕微鏡によって得られた、ヒトTRPV6の開状態と閉状態の両方の構造を報告している。これらのデータから、四量体イオンチャネルではこれまで知られていなかったゲート開閉機構が明らかになり、生理的状態と疾病状態でTRPV6が果たす役割に重要と考えられるアラニンヒンジが見つかった。

Letter p.233
doi: 10.1038/nature25182 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度