Nature ハイライト

分子生物学: LINE-1のサイレンシングの効果

Nature 553, 7687

LINE-1(L1)レトロトランスポゾンは、ヒトゲノムの約17%を占め、ヒトで唯一活性のある自律的な転位性遺伝因子である。今回J Wysockaたちは、ヒト細胞株でL1レトロ転位を制御する因子の体系的なCRISPR–Cas9スクリーニングを行った。その結果、L1活性を転写レベルあるいは転写後レベルで制御する、機能的に多様な因子や経路の情報資源が得られた。また、MORC2やHUSH複合体サブユニットによるL1レトロトランスポゾンの転写サイレンシングは、転写活性のある遺伝子のイントロン内で起こり、これらの遺伝子の発現を抑制できることも明らかになり、レトロトランスポゾンのサイレンシングが宿主遺伝子発現プログラムにどのように影響を及ぼし得るかが示された。

Letter p.228
doi: 10.1038/nature25179 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年1月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度