Nature ハイライト

ナノテクノロジー: DNA折り紙を大量に作る

Nature 552, 7683

多くの短い一本鎖DNA「ステープル」によって適所に保持された非常に長い一本鎖DNA「足場」を使うDNA折り紙を用いて、ナノメートルレベルの精密な特徴を持つマイクロメートルスケールの物体を容易に作製できる。こうした物体は多くの使い道がありそうだが、製造コストが高いため、考えられる用途に向けた研究が阻害される可能性がある。今回、H Dietzたちは、ランダムな長さと塩基配列の一本鎖DNAを安価に量産できることを示している。彼らは、リットルスケールのバイオリアクターを用いて、自己切断型DNA酵素カセットを挿入した標的鎖配列を含む一本鎖DNA前駆体を作製した。これによって、目標とするさまざまな折り紙を作るのに必要な全ての一本鎖DNAを1つの過程で効率的に生成することが可能となり、科学技術の多くの領域でDNAナノテクノロジーの範囲が広がるはずである。

Letter p.84
doi: 10.1038/nature24650 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.34
doi: 10.1038/d41586-017-07690-y | 日本語要約 | Full Text

2017年12月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度