Nature ハイライト

分子生物学: METTL3は腫瘍増殖を助ける

Nature 552, 7683

N6-メチルアデノシン(m6A)は、コーディングRNAとノンコーディングRNAの両方で見られるRNA修飾であり、METTL3–METTL14メチルトランスフェラーゼ複合体により触媒され、スプライシングや翻訳、分解などRNA代謝のさまざまな局面に影響を及ぼす。今回T KouzaridesとG Vassiliouたちは、CRISPR–Cas9による致死性スクリーニングを行い、METTL3が急性骨髄性白血病(AML)細胞の増殖に必須の遺伝子であることを突き止めた。METTL3はクロマチンに結合し、AMLに必要とされる活性な遺伝子のプロモーターに誘導される。これらの遺伝子のプロモーターで、METTL3はそのmRNA転写産物のコーディング領域内のm6A修飾を触媒し、停止しているリボソームを解放して、その翻訳を進める。以上の結果は、METTL3がAMLで発がん性の役割を持っており、治療標的候補となることを示している。

Letter p.126
doi: 10.1038/nature24678 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年12月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度