Nature ハイライト

ナノテクノロジー: DNA折り紙を設計する

Nature 552, 7683

自然界では、ウイルスなどの大きく複雑な構造体が容易に集合するが、そのような大きく複雑な人工物体を作ることはまだ大変困難である。今回H Dietzたちは、DNA塩基配列情報を用いて個々のDNA折り紙構成要素の形状をコード化し、これらの構成要素間の相互作用の幾何学的配置と詳細を用いてより高次の集合体内のコピー数、位置、向きを制御することによって、さまざまな大型物体を効率的に形成できることを示している。著者たちは、直径350 nmに達する平らなリング、一部の細菌と同等のサイズのチューブ、直径450 nmの三次元多面体ケージを作製した。これらの構造体は、今回の方法の能力を示す印象的な例である。原理的には、今回の手法を調節して、他にも、薬物送達に、骨格として、あるいは複雑な機械に似た物体の作製に使えそうな集合体を形成できる。

Letter p.78
doi: 10.1038/nature24651 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.34
doi: 10.1038/d41586-017-07690-y | 日本語要約 | Full Text

2017年12月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度