Nature ハイライト

分子生物学: HP1αが可逆的な液滴を作るブックマーク

Nature 547, 7662

ヘテロクロマチンの遺伝子サイレンシング活性は、クロマチンを凝縮させてリプレッサーを引き寄せるHP1のようなタンパク質が広がることによって生じると考えられている。今回2つのグループから、HP1αには相分離した液滴を形成する能力があることを示す報告が寄せられている。G Karpenたちは、ショウジョウバエ(Drosophila)の胚でヘテロクロマチン領域が形成される早い段階に、HP1αが核となって液体の性質を示す点が形成されることを明らかにしている。一方G Narlikarたちは、ヒトのHP1αタンパク質も相分離した液滴を生じさせることを明らかにしている。リン酸化やDNAの結合が、可溶性の水相からのHP1αの物理的な切り離しを促進する。これらの関連する知見から、ヘテロクロマチンの抑制作用にはHP1の相分離が関わっているものがあって、核の状況に応じてさまざまなリガンドによって液滴が生じたり消失したりしていることが示唆される。

Letter p.236
doi: 10.1038/nature22822 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.241
doi: 10.1038/nature22989 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.168
doi: 10.1038/nature23089 | 日本語要約 | Full Text

2017年7月13日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度