Nature ハイライト

量子物理学: 量子法則の制限を回避するブックマーク

Nature 547, 7662

ハイゼンベルクの不確定性原理は、測定精度に基本的な制約を課しており、量子反作用効果と結び付いている。この効果は、対象の位置測定が、小さいけれども特定の不規則な摂動を対象の運動量にもたらす場合に生じる。E Polzikたちは今回、観測される対象、すなわち機械的振動子を別の振動子と結合させることで量子反作用を回避する方法を実証している。機械的振動子は、宙に浮いたミリメートルサイズの膜で、彼らはこれを原子スピン集団と結合させた。重要なのは、負の有効質量の領域に調整した原子系の基準座標系において、膜の運動を測定することである。これによって、膜への量子反作用が抑制される。今回の手法を用いれば、ハイゼンベルクの不確定性原理によって課せられる限界を超えて、力、運動、重力のセンシングができるようになる可能性がある。

News & Views p.164
doi: 10.1038/547164a | 日本語要約 | Full Text
Letter p.191
doi: 10.1038/nature22980 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年7月13日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度