Nature ハイライト

地球科学: 水酸化物は圧力下でも安定を保つブックマーク

Nature 547, 7662

水酸化物であるFeOOHは、下部マントル中部領域の条件で分解してFeO2を形成し、H2を放出することが最近報告された。これは、放出された水素が地表へと移動し地球内部の酸素分布に大きな変動が生じることを示唆している。この知見とは対照的に、西真之(愛媛大学ほか)たちは今回、第一原理計算とin situ X線回折実験に基づいて、下部マントル深部の温度圧力条件におけるFeOOH相の安定性を報告している。著者たちは、パイライト(黄鉄鉱)型のFeOOHは、周囲のマントルより密度がずっと高いと予測しており、深く沈み込んだスラブ内で他の含水鉱物との固溶体として安定に存在すると結論している。このことは、外核への水素の取り込みを生じさせる可能性がある。

Letter p.205
doi: 10.1038/nature22823 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年7月13日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度