目次

Editorials

脳スキャンの研究によって、外面的に無反応な、いわゆる植物状態の患者の意識をめぐるこれまでの見解が揺らいでいる。

Flickers of consciousness p.121

doi: 10.1038/443121b

米政府が法解釈を変更して連邦政府職員を内部告発者保護の対象外としたのは不適切であり、しかも変更を公表しなかったのは民主的な法治国家とは思えないやり方だ。

Whistleblowers in peril p.121

doi: 10.1038/443121a

米政府、大学、研究機関、科学界は協力して、霊長類を使う研究者を支援し、過激な動物愛護運動によるテロから守るべきだ。

Resisting terrorism p.122

doi: 10.1038/443122a

News

CERNの加速器からイタリアの研究所に向けた、ニュートリノビームの照射実験が開始。

Neutrinos make a splash in Italy p.126

doi: 10.1038/443126a

同じ実験に対し、倫理委員会の判断に大きなばらつきがあることが判明。

Warning flag for ethics boards p.127

doi: 10.1038/443127a

ハワード・ヒューズ医学研究所の斬新な生物医学研究施設が始動。

Biomedical research gets a fresh twist down on the farm p.128

doi: 10.1038/443128b

これまでで最も遠い星雲が発見され、誕生初期の宇宙の新しい手がかりが。

p.128

doi: 10.1038/443128a

新たに出現した非常に広範囲の薬剤に耐性をもつ結核菌が、エイズ患者の大きな脅威に。

Women at work p.131

doi: 10.1038/443131a

「植物状態」の患者に意識があることが明らかに。

Sidelines p.132

doi: 10.1038/443132a

News Features

鳥類学:ドードーの探索

DIGGING FOR DODO p.138

ドードーは絶滅した鳥として有名だが、実は謎に包まれており、真実の姿が明らかにできるか、モーリシャスでの調査に期待が寄せられている。

doi: 10.1038/443138a

気候変動:宇宙とのかかわり

A cosmic connection p.141

太陽の変化と地球の気候との関係については長く論争が続いているが、霧箱がその解決に役立つかもしれない。

doi: 10.1038/443141a

News & Views

進化生物学:ゲノム競争で勝ちをおさめたヒト脳の遺伝子

p.149

ヒトとほかの哺乳動物を分けているのは、脳のサイズと機能だが、この差はヒトゲノムにも反映されているはずだ。ゲノムの、遺伝子をコードしていない「暗黒物質」内に、こうした重要な変化のほとんどがおさめられているらしい。

doi: 10.1038/443149a

Evolutionary biology: Human brain gene wins genome race p.149

doi: 10.1038/nature05154

結晶学:固体酸素の形

p.150

酸素の結晶は複数の構造をもつことが知られており、低圧では絶縁性を示し、高圧では超伝導性がみられる。中間相にあたる今まで知られていなかった構造が今回決定された。

doi: 10.1038/443150a

天文学:暗黒時代後の宇宙の夜明け

p.151

最新の観測により、今まで知られていたよりもさらに古い銀河1〜2個があることを示す証拠が得られた。では、もうそれ以上銀河が見つからないという結果からすると、これらが一番最初に作られた銀河ということになるのだろうか。

doi: 10.1038/443151a

がん生物学:p53は減らすほうがいい?

p.153

がん抑制タンパク質であるp53はがんでは変異が生じていることが多い。しかし、p53の機能に欠陥があるのは悪いばかりではないらしい。このタンパク質の働きを阻害すると、化学療法や放射線療法の際の有害な副作用が軽減される可能性がある。

doi: 10.1038/443153a

量子物理学:測定と測定対象

Observing and the observed p.154

量子力学では、測定過程が測定対象に根本的な影響を与えうるとしている。この「反作用」が、微小な力学デバイスの振動という巨視的スケールでも観察された。

doi: 10.1038/443154a

昆虫学:ハチを捕まえる方法

To catch a bee p.155

スパニッシュフライという甲虫の一種は、ある種のハチの雄に相乗りさせてもらって移動するらしい。ヒッチハイク相手のハチをとめるには、その種の雌の臭いをまねるのである。

doi: 10.1038/443155a

構造生物学:薬剤輸送の一部始終

The ins and outs of drug transport p.156

多剤排出輸送体は、細胞を毒性化合物から守っているが、薬剤耐性を引き起こすこともある。2種類のこうした輸送体の構造から、その輸送機構の今まで知られていなかった性質が明らかになった。

doi: 10.1038/443156b

追悼:James A Van Allen氏(1914‐2006)

James A. Van Allen (1914–2006) p.158

磁気圏物理学および宇宙物理学の研究者であり、ヴァンアレン放射能帯の発見者でもあるVan Allen氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/443158a

Articles

進化:発生中の皮質で発現するあるRNA遺伝子はヒトで急速に進化した

An RNA gene expressed during cortical development evolved rapidly in humans p.167

doi: 10.1038/nature05113

生化学:多剤排出輸送体の結晶構造により明らかになった機能的回転機構

Crystal structures of a multidrug transporter reveal a functionally rotating mechanism p.173

doi: 10.1038/nature05076

生化学:細菌のABC多剤排出輸送体の構造

Structure of a bacterial multidrug ABC transporter p.180

doi: 10.1038/nature05155

Letters

宇宙:赤方偏移z = 6.96にある銀河

A galaxy at a redshift z = 6.96 p.186

doi: 10.1038/nature05104

宇宙:宇宙の最初の9億年間における非常に明るい銀河の急速な進化

Rapid evolution of the most luminous galaxies during the first 900 million years p.189

doi: 10.1038/nature05156

物理:量子反作用によるナノメカニカル共振器の冷却

Cooling a nanomechanical resonator with quantum back-action p.193

doi: 10.1038/nature05027

物理:電流駆動性磁壁運動の電流パルス長に対する振動的依存性

Oscillatory dependence of current-driven magnetic domain wall motion on current pulse length p.197

doi: 10.1038/nature05093

化学:ε相固体酸素におけるO8分子格子の観察

Observation of an O8 molecular lattice in the ε phase of solid oxygen p.201

doi: 10.1038/nature05174

気候:ヨーロッパにおける大気‐陸面相互作用と気候変動

Land-atmosphere coupling and climate change in Europe p.205

doi: 10.1038/nature05095

神経:腫瘍抑制因子HippoはNDRキナーゼと協同して樹状突起のタイリング形成と維持に働く

The tumour suppressor Hippo acts with the NDR kinases in dendritic tiling and maintenance p.210

doi: 10.1038/nature05090

腫瘍:DNA損傷に対する病的な応答はp53を介する腫瘍抑制に寄与しない

The pathological response to DNA damage does not contribute to p53-mediated tumour suppression p.214

doi: 10.1038/nature05077

生化学:インスリン受容体の細胞外ドメインには折り返し構造がみられる

Structure of the insulin receptor ectodomain reveals a folded-over conformation p.218

doi: 10.1038/nature05106

細胞:マウスAtmのin vivoにおける活性化にセリン1987の自己リン酸化は必要ではない

Autophosphorylation at serine 1987 is dispensable for murine Atm activation in vivo p.222

doi: 10.1038/nature05112

生理:Orai変異体でのイオン選択性変化によるCRACチャネル分子の同定

Molecular identification of the CRAC channel by altered ion selectivity in a mutant of Orai p.226

doi: 10.1038/nature05108

生理:Orai1はCRACチャネルに不可欠なポアサブユニットである

Orai1 is an essential pore subunit of the CRAC channel p.230

doi: 10.1038/nature05122

細胞:構成的な輸送エレメントを有するイントロンはTapのメッセンジャーRNA中に保持される

An intron with a constitutive transport element is retained in a Tap messenger RNA p.234

doi: 10.1038/nature05107

Review Article

気候:太陽光度の変動と地球の気候への影響

Variations in solar luminosity and their effect on the Earth's climate p.161

doi: 10.1038/nature05072

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度